満身創痍~to be or not to be, that is question.♯2~

ぎらぎら。
太陽が燃えている。

東京の夏のは近頃優しくない。
せっかくのオフの日も外へ出る気がしない。

今日は父の誕生日だけど電話してもつながらない。
せっかく予定あけておいたのに。

CMなんかでよくあるように
お日様の笑顔をたくさん浴びながら
掃除とか洗濯とかぱっとすませて
たまっていた仕事なんかをぱっぱと片づけて
とっておきの珈琲かなんか淹れて
心晴れやかに自分の時間を満喫できたら
なんと素晴らしいことだろうか…

1325188625666.jpg

何も片づけられないまま
だらだらと過ごしてしまう私。
あけ放ちたい窓もカーテンもはいまはもう存在しない。
そしてあっという間に日が暮れる。

夜も更けてきてようやく
“たまっている何かを少しだけでも片づけよう”
そんな気になった。

実は私、ひとりだとお酒飲む気にならないんです。
さらに家だとまったく飲まないんです。

そんな私のお部屋と冷蔵庫は
たくさんのお酒の貯蔵庫。

せっかくだからあけてみようかな。

1406542461577.jpg

先日のsamA & EAU DE MONDのライブの後に
サマンドのドラマーから
「頑張ったご褒美ですよ」
プレゼントされた赤ワイン。

家じゃ飲まないってさんざん言っているのに!
脳が耳にスルーを命じるのだろう。
でもありがとう.。.:*・☆

あけ方がわからなくて一人で四苦八苦したけど
美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

to be or not to be, that is question. ♯1
“生きるか死ぬかそれが問題だ”
BOSE-PC

かろうじて岩窟のリア王にはならずにすんでいるけど
この場所はもう限界なのかもしれないね。
そろそろ歩きださなくちゃ。

まるごと愛してね

味見は許すけれど

かじるなら
おいしいとこだけじゃなくて
まずくても

まるかじり
してみなさいよ。

そら。

lips-and-tomato.jpg

出来たら
まるごと愛してあげてね。

to be or not to be, that is question.

私のお気に入りの場所だった寝室。
最上階から見る
この黄昏時の窓。

110217_1708~01

窓の外のこの景色が大好きで
ひなたぼっこも気持ちよくて。

100627_1548~01

ある日の早朝に
「ドカーン」と言うものすごい音と揺れに
地震だと思って飛び起きて
窓を開けてベランダに出て
真下を見ると・・・

工事が始まっていた。

002_20121122045243.jpg

そして右を向くと
手の届くものすごい近距離に
いきなりこいつが顔を出して
死ぬほどびっくりして。

001_20121122045242.jpg

あれから1年。
雨の日以外、祭日すら休まない
毎日の騒音と揺れに悩まされながら……

大好きだった景色を遮る邪魔な建物が
最上階の私の部屋の窓を

まもなくコの字型に完全に
西南北とふさぐ。

ダウンロード

1年後には倍の高さになるのだ。
階下の住人はほとんどいなくなってしまったよ。

さよなら、まだかろうじて
垣間見える青空さん。

03.jpg

さよなら
おひさまさん。

私は真っ暗な闇に放り込まれ
岩窟のリア王になってしまうのかな。

PA0_0005.jpg

ハムレットじゃないけど

逃げるか
受け入れるか。

それが問題だ。

サマンドじゃないけど・・・

けど・・・

(前でサックス吹いている人と後ろで写真撮ってる人)

サマンド

samANDo☆

どっちが強いんだろう

理由はそれぞれ。
状況もそれぞれ。

目の前に立ちはだかる困難から
逃げ出さない人
逃げ出せる人

結局のところ
どっちが強いんだろ。

実は後者ではないだろうか。
だとしたら
しなやかでない私は弱いのだ。

「・:*美・学・:* 」

FC2Ad